不妊に良い漢方の力で体質を変えて原因を知り改善しよう

サイトマップ
不妊

漢方による不妊治療について

漢方は漢方医学の考えで作られているので、不妊治療を漢方薬で行う場合は、原因となる要素を改善する薬が使用されます。不妊の原因は、ホルモンや卵巣、冷え性、月経前症候群など特定されない場合があります。漢方薬のメリットとして、特定されない場合でも体質を改善していくやり方で治療を進められます。
不妊治療で処方される漢方薬は、症状によって種類が変わります。その症状の違いは、血虚や気虚、血、気滞、腎虚などに分かれます。腎虚は、運動不足やストレスなどで、気滞はストレスなどから、血は冷えや運動不足などです。血虚は食生活のバランスが偏っていることや、冷え性などです。気虚は、急激なダイエットや過労などとされます。
これらのように、症状によって原因が位置づけられていて、それに合わせた漢方薬が使用されます。人にはそれぞれ持って生まれた体質と、後天的な体質があり、後天的な部分の弱点を補うことが、漢方医学での考え方です。
その為、初めて不妊治療で漢方薬を使用する際には、自分の判断で購入するのは極めて難しいことになります。漢方薬の取り扱いがある、産婦人科を探し相談をして処方してもらう方法があります。また、漢方医のいる薬局などで処方してもらうこともできます。

  • 漢方による不妊治療について

    漢方は漢方医学の考えで作られているので、不妊治療を漢方薬で行う場合は、原因となる要素を改善する薬が使用されます。不妊の原因は、ホルモンや卵巣、冷え性、月経前症候群など特定されない場合があります。…

    more
  • 不妊に悩む方へ

    漢方は中国から伝わった医学であり、それが日本に渡り独自に確立された治療方法です。西洋医学と異なる点は病気になった所を直接治療するのではなくて、個人の体質に合わせた体全体を調整する事で症状を改善す…

    more
  • 不妊には漢方薬を服用することが多いです

    現在不妊治療を受けている人はかなりの数になりますが、治療内容としては人工授精のような高度なものから、自宅でホルモン剤を服用するといったものまでさまざまです。一般的に不妊治療は高度なものはもちろん…

    more
  • 自分に合った漢方で心と体を元気に

    去年の末に流産を経験し、それから今に至るまで妊娠にいたらず、昔飲んでいた漢方をここ一か月また飲み始めました。5年ほど前はPMSがひどく、排卵日から生理まで、ひどい頭痛と吐き気、倦怠感などがありま…

    more

新着記事

TOP