不妊に良い漢方の力で体質を変えて原因を知り改善しよう

サイトマップ
不妊

不妊には漢方薬を服用することが多いです

現在不妊治療を受けている人はかなりの数になりますが、治療内容としては人工授精のような高度なものから、自宅でホルモン剤を服用するといったものまでさまざまです。一般的に不妊治療は高度なものはもちろん、ホルモン剤などの薬物療法についても副作用が強いことからかなり辛いものになりがちです。そのため不妊に悩んでいても身体的かつ精神的な負担を考えて治療を受ける気になれないという人も多くいます。
しかしながら薬物療法については、副作用の強いものだけでなく漢方薬といった副作用が比較的弱いものも使用することが多いです。漢方薬の中で不妊治療に使用されるものはかなり多い方で、ホルモンバランスを整えるものから体力を回復させるもの、精神を安定させるようなものまでさまざまな種類の漢方薬が適しています。
特に不妊においてはさまざまな検査を受けたとしてもこれといった原因がみつからないこともしばしばありますが、原因が見つからない場合ははっきりと治療する方法を決めることができないものです。そのためまずは漢方薬を試してみて、効果があるかどうかを見るということになるのです。さらに漢方薬は妊娠中にも服用できるものが多いので、服用中に妊娠が発覚したとしても胎児に悪影響を及ぼすことはほとんどありません。なので妊娠を望んでいる女性には安心して服用できるものだといえます。

  • 漢方による不妊治療について

    漢方は漢方医学の考えで作られているので、不妊治療を漢方薬で行う場合は、原因となる要素を改善する薬が使用されます。不妊の原因は、ホルモンや卵巣、冷え性、月経前症候群など特定されない場合があります。…

    more
  • 不妊に悩む方へ

    漢方は中国から伝わった医学であり、それが日本に渡り独自に確立された治療方法です。西洋医学と異なる点は病気になった所を直接治療するのではなくて、個人の体質に合わせた体全体を調整する事で症状を改善す…

    more
  • 不妊には漢方薬を服用することが多いです

    現在不妊治療を受けている人はかなりの数になりますが、治療内容としては人工授精のような高度なものから、自宅でホルモン剤を服用するといったものまでさまざまです。一般的に不妊治療は高度なものはもちろん…

    more
  • 自分に合った漢方で心と体を元気に

    去年の末に流産を経験し、それから今に至るまで妊娠にいたらず、昔飲んでいた漢方をここ一か月また飲み始めました。5年ほど前はPMSがひどく、排卵日から生理まで、ひどい頭痛と吐き気、倦怠感などがありま…

    more

新着記事

TOP